1. ファッションデザイナーの求人の探し方とは?

ファッションデザイナーの求人の探し方とは?

ファッションデザイナーとして仕事がしたい、アパレル企業に就職したいと考えている方は、いったいどのような方法で求人情報を集めればいいのでしょうか?

これからファッションデザイナーを目指す方へ、アパレル求人の探し方などお役に立つ情報をまとめてみました。

専門学校のパイプで求人情報を探す

現在、服飾デザインやファッションビジネスの勉強を専門学校や大学で行っている方は、その学校の斡旋でアパレル会社に就職できる可能性が高くなります。

養成学校で専門知識を学んでいるという事実は就職に対して有利になるため、一般の方よりもアパレル業界に入職しやすいと言えます。

学んでいる学校によって、どのような業者と太いパイプがあるのかはわかりません。

就職時期が近付いてきたら、就職担当者とよく話しをして学校宛にきた求人票をよくチェックし就職先を選定しましょう。

ハローワークや求人サイトで探す

専門学校や短大で学ぶ学生の場合、学校とアパレル会社とのつながりで就職がかなり有利になります。

ところが専門学校に通わずににデザイナーを目指す場合は、一体どのような経路で求人情報を探せばいいのでしょうか?まず活用したいのがハローワークです。

職業分類22「美術家、デザイナー、写真家、映像撮影者 」で洋服のデザイナーを募集している企業があります。

新人デザイナーとして採用されると、月給は約20~30万円前後が相場のようです。

ただしデザイナーの仕事は圧倒的にWEB関連が多くなっており、ファッションデザイナーの求人数はかなり少なくなっています。

求人を見掛けたら早めに応募する方がよいでしょう。

応募の注意点について

ここで注意していただきたいのは、応募条件です。

デザイナーの採用にあたっては、専門学校で服飾を学んだ人、デザイナーとして実務経験を応募条件にしている企業がほとんどなので、アパレル販売の経験程度では採用してもらえるかどうかはわかりません。

もちろん採用条件は各企業によりさまざまなので、新人教育の徹底した会社であればアパレル販売の経験でも採用してくれる会社があるかもしれませんので、地道に探すことです。

ハローワーク以外にもネットで求人情報を発信しているサイトがありますので、大いに活用しましょう。

民間運営の転職サイト(例:https://run-way.jp/)の方が応募条件や企業内の情報、企業のポリシーなどがわかりやすく掲載されています。

ハローワークやネットの求人サイト、求人雑誌などをフル活用して求人情報を探しましょう。

きっと条件にあう求人が見つかります。