アパレルに興味のある人にとって、憧れの職業ファッションデザイナー。

このファッションデザイナーになるにはどのような道があるのでしょうか?デザイナーになるには、主に2つの道があります。

一番無難なのは専門学校や短大・大学で専門知識を学ぶことですが、少数派ながら販売の仕事(現場の仕事)から地道に叩き上げでデザイナーになる方もいます。

ここではファッションデザイナーになるための方法を紹介してますので、ご参考にしてください。

専門学校を出てデザイナーを目指す

ファッションデザイナーを目指すなら、まず考えたいのが専門学校や短大・大学で学ぶことです。

ファッション系の専門学校は全国に多数あり、さまざまな学部・学科が開設されています。

専門学校にはファッションクリエーター科やファッションビジネス科、アパレルデザイン科、ファッションテクニカル科などさまざまな学科があります。

ファッションデザイナーを目指すなら専門的な知識をつけ、卒業後にアパレルメーカーの専門職として就職し、アシスタントの仕事をしながら一人前になるという道が一般的です。

学校を卒業後、いきなりアパレル企業のファッションデザイナーとして第一線で活躍できることは稀です。

先輩デザイナーを仕事を手伝いながら、仕事の流れやコツ、コミュニケーションの取り方などを学び少しづつ実力をつけていくのが無理のない方法です。

地道に現場で叩き上げ

大学や短大、専門学校で服飾デザインの勉強をしてデザイナーを目指す道のほかにも、アパレル店員から地道に叩き上げでデザイナーになる方もごく一部ですがいます。

この場合、販売の仕事をしながら、通信教育で洋裁技術検定やパターンメーキングなどの勉強を独学で行ない、デザイナーとしての実力を磨くという方向性になります。

養成学校を卒業してデザイナー見習いになるよりも時間がかかりますが、実際に販売の現場で「どのシーズンにどのような衣類が売れるか」「今のトレンドはどうか」「どのような素材が受け入れられているか」など、市場の動向を自分の目でみて確認できるのが強み。

デザイナーは知識も重要ですがそれ以上にセンスが問われる職業です。

もって生まれたセンスに独学で磨きをかければ、養成学校を卒業しなくても人気デザイナーになれる可能性はあります。

ファッションデザイナーは国家資格によって認定されているものではありません。

努力と卓越したファッションセンスがあれば、ファッションデザイナーになれる可能性はすべての方が持っているのです。

  • 1